輸入車の売却

欠点が多い

日本には世界的な自動車メーカーが複数ありますが、それと同時に輸入車のイメージも良く根強い人気があります。そのため輸入車を売却することは楽そうなイメージがありますが、それには条件がつきます。

 

輸入車の欠点といえば修理代や修理に必要なパーツ代が高くつくことです。
それがある意味輸入車に乗ることのステータスにつながっている面があるのですが、それでも国産車に比べて負担は重くなります
。その対策として輸入車にも保証がついており、保証期間内であれば修理代やパーツ代をある程度補償してもらうことができるのです。

 

ところがこの保証には有効期限があり、その期限が過ぎると保証が効かなくなります。
輸入車を売却するにもこの保証がポイントであり、保証期限切れの輸入車は途端に売却が難しくなってしまうのです。
こうなると売却先がその輸入車を購入したディーラーの下取りのみになってしまうことも多く、売却価格はとても低いものになります。
輸入車に乗る方は同じメーカーの車を乗り継ぐことが多いですが、それはこのように購入したディーラーでしか下取りができないということも理由のひとつになっているのです。
もちろん非常に人気のある輸入車はこの限りではありませんが、輸入車だからといって何でも高い査定額がつくとは限らないことには注意が必要です。