業者の思惑

タイミングも重要

車を買い取りしてもらう際の条件は『少しでも高く買い取ってもらうこと』だと思います。
そのためには様々な方法が考えられますが、車の整備関係になるとお金が必要になったり、専門知識を有していないと対応が難しかったりするものです。そこで、誰にでもできる簡単な方法で少しでも買い取り額をアップさせる方法をご紹介します。

 

それは複数の買取業者に問い合わせをし、『今どんな車の買取に力を入れているのか』を調べることです。大手業者になれば支店とのネットワークがあるので、地元店に不足気味の車種であれば他店舗から譲ってもらうなどの調整が可能です。しかし、個人店舗や小規模業者になるとそういうことができないので、自分が必要な車種であれば少し無理をしてでも買取を希望してくれるものなのです。

 

そして、あなたが売りたいと思っている車種と、業者が希望している車種が合致したのであれば、その店舗以外の見積もりを一気に集めます。ネット査定もしておきましょう。その結果をもとに本命の業者に出向くわけです。この武器を元に交渉できるかどうかはあなた次第ですが、少なくとも何もせずにいきなり申し出るよりは高い設定でスタートできるはずです。

 

単純なネット査定だけでも、10店舗くらい見積もりを取得すれば買い取り額に30万円程度の差がつくことはよくあることです。素人からするとあまり経験の少ないことではありますが、この方法なら特に専門知識を持たなくてもスムーズなスタートが切れるのではないでしょうか。
また、あまりに安い査定の時は、時間を空けて再査定を申し込むのも良いです。在庫が少ない時だと思わぬ値段で売れる時があります。