査定のプロとは

カローラランクスの時の査定のお話

買い取り初体験での体験談です。
マイカーはカローラランクス。5年ほど乗っていた車ですが買い替えのために査定を頼みました。
中古車査定は色々と書類や査定士とのやりとりがあるために知人に話を聞いて挑んでみました。

 

こうした書類関係というのはあいまいにして契約をするのかと思っていたらびっくり。
丁寧な査定士は全ての書類の提出を求めます。
契約条項についての説明が数時間。それだけで夕方になってしまうほどです。

 

後日査定をしてもらったのですが、金額面で希望とは違っています。
そのことで交渉をしてみると、

 

「当社での査定額は適正価格です。相場から見ても適切」

 

と、切り替えされてしまいます。
ネットでの査定見積もりでは、この価格よりも5万円ほど高く出ていたので私は納得できませんでした。

 

辛抱強く交渉をしてみたものの、結局は買い取り業者の値段を受け入れることになりました。
相手は査定のプロであると同時に、こうした話にも慣れています。
専門知識を使われて説得をされると反論できません。

 

査定額の相場といったものはどこで調べるものでしょうか。
ネットの一括見積もりとは違うものなのか。
知人に聞いてみたところ、

 

「そんなものだよ」の一言。

 

私はお金にうるさい性質なものですから気になっていまだにそのことを忘れません。